分娩の前によく現れるの前兆症状を説明しよう

分娩の前に、よく少しの前兆症状があります。 (“出産に臨む前兆”と呼びます)。 これは分娩の信号として自分が不意に感じられます。

1、子宮が下に下がる

初めの産婦は出産の2週間前の時、子宮の底は低下して、その時、上腹部が気楽になって、呼吸が以前よりしやすくなって、胃部で押した不快感が軽減したように思って、食事の量はついてに増やしてきます精力剤。

2、下腹部で圧迫した感じがある

低下するので、分娩の時はまもなく先にする露出部分は、すでに骨盤入口まで下がって、そのため下腹部の下げ飾りが現われて膨れて、そして膀胱を圧迫する現象が現われます。 その時、腰と脚がだるくて痛くなってきて、歩くことは不便で、しばしば尿するの現象が現われます。

3、血を見る

子宮内の口胎膜と宮の壁の離れによって、すごし出血します。 このような出血して子宮粘液の栓を調合して、腟から捌けることは赤を見ることと呼びます。 赤を見ることは分娩がまもなく開始するの比較的な頼りとして兆しと見られます。

4、腹部が規則に従って陣痛する:

一般的に痛んで30秒が続いて、10分隔ています。 今後痛い時間はしだいに延長して、時間を隔てて短縮して、規律陣痛と呼びます。

5、羊水が破る:

腟は羊水を流出するのは「水を破る」と俗称します。早漏 子宮の強い収縮で子宮腔内の圧力がしだいに増えてきます。それで子宮の口が大きさを開いて、赤ちゃんの頭部が下がって胎膜破裂を引き起こしますので、腟から羊水を流出させて、その時、降誕もう遠くなかったです。

媚薬>媚薬とは、性的興奮を高める目的でしようされる薬のことです。「惚れ薬」とも呼ばれます。服用することで精力が高まったり、異性への興味関心が高まるなどの効果が得られます。