妊婦が分娩するとき注意すべきな事項を説明します

1、ゆっくり休むことと適宜な活動すること。

子宮収縮の間隙で休んで、体力を省います。いらいらして不安になると精力を消耗しますから、できるだけ自分の情緒を調整してください。。もし胎膜はまだ壊れなければ、寝台を下れて活動してもいいです。精力剤適当なイベントは子宮収縮を促進することができて、胎児頭が下に向かうのも有利です。

2、リラックスして、元気で楽しい過ごすこと。

緊張した気分が子宮の収縮に直接影響しますし、食欲に減退させますし、疲労も引き起こして乏しいし、分娩までにも影響します。

深く平均している腹式呼吸をするのはいい効果があります。即ち毎回子宮収縮の時は深く息を吸って、同時にしだいに高さの腹部をふくらまして、呼気の時はゆっくり下がって、苦痛を減少することができます。

3、熱心に放尿すること

膨張した膀胱は胎の頭が低下することと子宮の収縮に妨げになリますので、 充分な水を保証してそれぞれの2-4の時間は自発的に1回排尿すべきです。

4、栄養と水分を補うこと

出来るだけ少し粥、牛乳、卵などのような高カロリーの食べ物を食べて、水も十分に飲んで十分な精力を保証します。

5、最適な体位を採用すること

医者から最適な体位を採用するのは必要だという限り、自分で勝手に特定の体位を採用してはいけません。 ただ自分が陣痛を軽減するように思えば、それは最適な体位ですシアリス。

だから、まもなく分娩するのお母さんたちは出来るだけ気持ちを緩めて、情緒を調整して、赤ちゃんを順調に生まれさせましょう。

バイアクラ>バイアクラの効果が出るには、正しく飲まなければいけません。全然効かなかったという人の8割は飲み方に失敗しています。正しく飲めば、一時間くらいで硬くならない人や直ぐに萎えてしまう人のペニスが、驚くほど硬くなり、そのバイアクラの効果は5~6時間持続します。