無痛分娩での出産について

一般的に言う無痛分娩とは、「硬膜外麻酔による無痛分娩」のことを指します。背中から細く柔らかい麻酔の管を通し、そこから麻酔薬を注入して痛みを軽減させていく仕組みです。

痛みを感じる神経を、麻酔をつかって一時的に麻痺させることにより、痛みを軽減しながら快適に分娩を行うことができるように工夫された分娩方法です。
陣痛の痛みを和らげる麻酔を行うと、その後飲食はできません。そのため、お産が長引くと長時間飲食ができず、体力がなくなってしまい、吸引分娩や鉗子分娩、帝王切開に切り替わることもあります。また、麻酔の副作用には個人差があり、人によっては足の間隔が鈍感になったり、全身がかゆくなったり、出産中に吐いてしまったりする方もいます。
無痛分娩のメリットは、痛みの緩和だけでなく、心に余裕をもてることですね。新しい家族を迎え入れる大切な瞬間は、無痛分娩でなくても自然と笑顔になってしまうものですが、ゆとりを持って迎えられるのは嬉しいことです。

レビトラ>レビトラの効果時間は、5時間~10時間といわれています。レビトラを服用後、「紅潮感」「目の充血」の症状があらわれることが一般的な副作用としてよくあります。