歩分娩く

一年取っ、夜、私たちは寝るにはいつも寝室の扉を開いている.妻は義母の義母:“真夜中になら、あなたは私を1音と呼んだ.」しかし、その日から夜中に起きて、母も咲いていない枕元のスタンド.彼女はぼんやりと窓の外を借りて、月光と映って照明の模索トイレ、いきなりの上に座って、床に敷くの床、花崗岩.

朝から夜明けに、妻は呻き声が聞こえ、過去を追う.義理の義母には義母がない.妻は、電気をつけないのはどうして?義母生活ずっととても節約、私は知っていて彼女は歯のすきまに金を節約して、将来いい使い捨て支援外孫結婚.私はまだ出勤して,彼女は私の睡眠に影響したくありません.その後、私は、彼女は痛みに耐え、音を立てずに音を立てず、夜明けまで熬うと思った.私たちは病院に病院へ行ってあげる.骨盤粉砕性骨折.

当時、義母はすでに87歳だった.2ヶ月間の病院に住んでいると、彼女はbeて帰ってきた.使う薬を使いました.彼女は病室でよく眠れないで、1種の生命の中に身を置く極端な境遇――すべて足切れ欠け腕の患者は、どのようによく寝ますか?家に着替え旧式の床について、注文した一枚の鉄骨介護ベッド、両側がガードレール、母から寝て生涯.

最初は、義母が相当に配合して.彼女は小学校の教師で、早めに病退.彼女はおとなしいという温順な小学生である.飲み食いトイレはひとりではできないが、彼女は真面目に薬を食べる.壁には1つの電子時計が掛かって、時々、彼女はまだ私は妻に注意して、"私は薬を飲みました.」

妻すでに退職して、今、彼女はまるで再の持ち場につく、一日中に母親で、いつもお母さんの視線以内に活動.じゃ、義母は彼女を呼んで.妻は義理の妻に食事をし、今日はいい、三スプーン食べて、たくさん食べました.義母はなるべく多く食べて、一日も早く回復し、階下に行きたいと思っております.このように、食べてと歩くと密接な因果関係があるようです.

2年目、義母第二年、義母は願いを下げて、彼女はただ離床して室内に行って1歩いて歩きたいです.一歩一歩進み,分娩、先に遠くから、彼女はそう思うかもしれない.しかし、私達は左右に肩を支えられて、彼女もなくて、ほとんどにかかっているされて、彼女の足を床に無理が自主的にしかできない挪動、ベランダ、籐椅子に座りに来て、彼女を見して歩いた地面.

私たちは、歩くことができて、歩くことができます.時には,彼女配错薬は疑って、日々に、月複一月、着てどう効き目がない.骨も乱れ、しっかりと組み合わせて、回復の過程があると言います.小学生のように、今日は座りが多く、元気があります..

義母しばらく、支持しないで、彼女に回铁床.毎日乗った回数が減り、振り上げ枕元に変更し、彼女の上半身をゆっくりと昇って、テレビを開けて、彼女を选ぶの越劇が好き.彼女は居眠りをして、難渋して目を開けて、私は歩けないと言っていた.」

私何とも言えず、耳につくしかないふりをして、気楽に、あなたが歩いて、私たちはあなたの祝賀会を開いて、あなた潇「

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です